スタンディング成功例インタビュー volume2


スタンディング車いすで主婦に復帰! (2006年取材)


福岡県の主婦


ご使用のスタンディング車いす「リーボLCEV


交通事故により脊髄損傷になり、車椅子の生活に。


リハビリを終了して日常生活には困らなくなりましたが、問題は家。家庭の主婦として車椅子で料理したり、洗濯したりできるように家をリフォームするには高額な費用がかかります。




そこで考えたのがスタンディング車椅子の使用。試してみるとそれまでと同じキッチンで立って料理することができました。


これならまた家庭に戻れる!


現在でも、毎日元気に家族のために頑張っていらっしゃいます。




冷蔵庫や、高いところにある棚などに置いてある調理器具や調味料も楽に取ることができます。


スタンディングは手元のスイッチで行います。




高い場所においてあるお鍋も


楽に取ることができます。




今晩はカレーライスでしょうか...




ページの先頭に戻る