スタンディング



立ち上がることのできない障害のある方を立ち上がらせることを「スタンディング」と呼びます。
欧米などの障害者先進国では、車いすを使用している方がスタンディングをリハビリや日常生活の一部に取り入れています。
スタンディングで立ち上がることで座った状態ではできなかったことが可能になるだけでなく、健康を保つためにもとても重要なことなのです。



           
ページの先頭に戻る

イージースタンド


イージースタンド バンタム・ミディアム

イージースタンドの特徴である「座位から無理なく立ち上がるタイプのスタンディング」に、従来の「スーパイン・スタンディング」機能を付加することでお子様が無限の姿勢をとることを可能にした小児向けのバンタムを身体の大きなお子様や成人の方にも使えるように開発されたのがバンタム・ミディアムです。

安全に簡単に姿勢を変えることができるので、この1台だけで、立位・座位・臥位・アクティブ姿勢など様々な姿勢を取ることができます。


イージースタンド バンタム

イージースタンドの特徴である「座位から無理なく立ち上がるタイプのスタンディング」に、従来の「スーパイン・スタンディング」機能を付加することでお子様が無限の姿勢をとることを可能にしました。より安全に、より簡単に、より素早く姿勢を変えることができ、イージースタンド バンタム1台だけで、お子様は新しい視野を手に入れることができます。


イージースタンド バンタムモービル

バンタム・モービル(バンタム・モービルオプション付き)は、バンタムに立位で自走できるモービル・オプションを搭載したモデルです。立ち上がった姿勢で動き回ることが できるので、立位のとれるお子様と同じ目線で活動することが可能になります。 バンタム・モービルもイージースタンドの特徴である「座位からむりなく立ち上がるタイプのスタンディング」を採用しているので、車いすからの移乗も簡単。


イージースタンド エボルブ

リハビリ・医療関係者とユーザーの意見をもとにして設計されたイージースタンド・エボルブは、使用される方に最適な立位姿勢とポジショニングを提供します。様々なニーズに対応する多くのポジショニングパーツとの組み合わせにより、アクティブな方から重度な障害の方まで幅広くお使いいただけます。イージースタンド・エボルブは、使用される方の体型に合わせてミディアムとラージの2 タイプが用意されています。


イージースタンド グライダー

イージースタンド・グライダーは、立位をとることによって可能になるスタンディング・セラピと立位でのエクササイズ(運動)の両方を提供できるスタンディング製品です。 車いすでは難しい有酸素運動、上半身の筋肉トレーニング、さらにはストレッチ運動や関節の可動性を維持する運動をすることが可能です。


イージースタンド ストラップスタンド

車いすからスタンディング機器への移乗が難しい方でもストラップスタンドを使えば簡単に立位をとることができます。本体ユニットにリフトアームが取り付けられており、立ち上がる際に膝にかかる負荷を最小限に抑え、自然に立ち上がることができます。


ページの先頭に戻る

リーボ


リーボLAE

リーボLAEは軽量コンパクトに設計されているため、日常車いすとしても快適な走行性を発揮します。身体に合わせてフットプレート高、シート高、背もたれ角度を調整することができます。


リーボLCEV

世界中で愛用されているリーボLCEVは、電動スタンディング機能を搭載した手動のスタンディング車いすです。日常用の車いすとしても多くの方が使用している大変快適な車いすです。


リーボC3

立ち上がるにつれて背もたれとフットプレートの位置が変化し、ずり落ち防止をするローシアリングシステムを搭載。座位の時には中央の車輪が駆動し、立位の時には前輪が駆動する安定した4WD構造。スタンディング状態のままでも走行可能なモデルです。インドアでもアウトドアでも優れた走行性を発揮します。


リーボコンビ

最新のポジショニング機能を満載した電動スタンディング車いすリーボコンビは、スタンディング以外に、リクライニング、ティルト、シートリフト、レッグレストの エレベーティングといった様々な姿勢の提供が可能なため、除圧や体位交換が自由自在。自立性向上や介助軽減にも役立ちます。


ページの先頭に戻る

スタンディングの効果


欧米の身障者先進国では、"日常的に車椅子を使用している人は、「スタンディング」を日常生活の一部として、または、リハビリの一環として取り入れて、立ち上がるべきだ"と考えられています。

立ち上がることで、座った状態ではできなかったさまざまな動作や作業が可能になるばかりでなく、さまざまな医学的効果も実証されています。

スタンディングは健康の維持にも最適なのです。

医学的恩恵

循環器系

スタンディングは、血液循環を増進し、持久力をつけることに役立ちます。普段車椅子に座っている方が立ち上がることで、血液の循環が良くなり、足の冷たさや足のむくみが改善された例も多く報告されています。


排尿

車椅子の座位によって膀胱に残尿が溜まることがあります。 スタンディング姿勢によって膀胱の向きが変わり、膀胱を空にするために最適な姿勢が提供されます。定期的なスタンディングによって残尿量が減り、排尿に関する感染症の予防にも役立ちます。その結果、腎臓と膀胱の機能を助けることにもなります。


排便

車椅子の座位によって胃や腸が押しつぶされていることがあります。スタンディング姿勢によって体が起こされ、胃や腸の周りに充分なスペースが確保されることで、制限されていた胃腸の動きが改善されます。その結果、便通が改善され、規則正しいものになります。


定期的なスタンディングによって、足の骨に圧をかけることができ、車椅子使用者の多くに生じる骨粗鬆症を予防することができます。ある程度までは治療としても有効です。スタンディングにエクササイズを組み込んだグライダーを使用するとさらに効果があります。


筋肉

スタンディングには、筋肉の萎縮を予防して縮小を少なくするとともに、筋肉の痙性や痙攣(スパズム)を軽減する効果があります。


関節

定期的なスタンディングによって股・膝・足の関節の可動性を維持します。(ROMの向上)足に体重をかけることでアキレス腱を伸ばすことができますが、スタンディングにエクササイズを組み込んだグライダーを使用すると、車椅子ではできないストレッチ運動を行なうこともできます。


褥瘡

スタンディングによる立位によって、坐骨や尾骨にかかる圧を除去することができ、褥瘡の予防になります。日常的にスタンディングを行うことで、長時間の除圧を行なうことができます。スタンディング車椅子を使用すれば頻繁に除圧を行うことができます。

作業的恩恵

立てないことでできなかった屋内外での様々な作業が可能になります。

日常のアクティビティはもとより、仕事や就業にも役立ちます。
美容師、調理師、外科医、歯科医、研究者、工場のライン作業者、家庭の主婦など様々な職業の方が、スタンディングを活用して職場に復帰して活躍されています。

経済的恩恵

スタンディングによって職場復帰できれば、年金受給者から納税者になることができます。

人に頼まないとできなかったことを自分でできるようになれば、介助者やヘルパーにかかっていた費用を削減できます。 車椅子で使えるように家の中の様々な場所をリフォームするよりも、スタンディング車椅子で既存の設備を使えるようにした方が圧倒的に経済的です。

スタンディングは経済的にも様々な効果を生み出します。

精神的恩恵

立つことのできなかった方が立ち上がることで、座っていては感じることのできなかった気持ちを味わうことができます。スタンディングは、精神的にも良い効果を提供します。

ページの先頭に戻る

スタンディング成功例 インタビュー


スタンディングでもとの生活を取り戻す!


日常的に車いすを使用している方、障害によって立ち上がることが困難な方が立ち上がることを可能にするための機器がスタンディング車いすスタンディング・フレームです。

欧米では既にリハビリや日常生活に取り入れられているスタンディング。さまざまな医学的効果も実証されています。 スタンディングは健康維持にも最適です。立つことのできなかった方が立ち上がることで、座った状態ではできなかったさまざまな動作や作業が可能になります。

このページではスタンディングで人生が変わった方達をご紹介いたします。



スタンディングで職場復帰(東京都の板前さん)


スタンディング車いすで主婦に復帰(福岡県の主婦)


ご注意ください

(株)アクセスインターナショナル(以下、弊社)ホームページに掲載されている文字・写真・イラスト等のデータの権利は、全て弊社が所有しております。掲載されているデータについて、法律によって認められる範囲を超えた複製、改変、アップロード、掲示、送信、配布、販売、出版等は、全て固くお断りいたします。

ページの先頭に戻る